乾燥肌の保湿ケア

 
乾燥肌の保湿ケア
 

 

 

乾燥肌の保湿ケア

お肌のしわは、皮膚の乾燥と関係しています。

乾燥肌は、しわのほか、肌荒れやかさつきにも関与しています。

肌のコンディションは気候や外気の影響も大きいですが、スキンケアを施すことで肌の保湿力を高めることも可能です。

乾燥肌を改善するためのスキンケアをするなら、洗顔のやり方が大切です。

洗顔では、汚れ落としを入念にやりたいからとこすりすぎると、肌を損ねることがあります。

肌を刺激しすぎないクレンジング剤で化粧を洗い流すことや、洗い上がりではタオルで顔についた水分を吸わせるようにします。

皮膚が乾く前に、化粧水で保湿ケアを施しましょう。

皮膚の深層までスキンケア成分が入っていくようにするとが、乾燥肌の改善になります。

ビタミンC誘導剤やヒアルロン酸は保湿効果が高い成分で、肌に浸透させることでお肌の乾燥対策に効果を発揮してくれます。

化粧水を皮膚につける時は、手のひらに化粧水を出して、一肌に温めながら顔につけます。

コットンを使う人もいますが、コットンでのパッティングは皮膚へ負荷がかかります。

手のひらで肌を優しく押さえて、皮膚の深いところにまで化粧水が浸透していくようにするといいでしょう。

化粧水をぜいたくに使っても、せっかくの水分が蒸発していっては意味がないので、油分を含むクリームなどで皮膚を覆います。

スキンケアでは、美容液などの美肌成分がふんだんに含まれている商品を活用して肌に栄養を与えましょう。

 
乾燥肌の保湿ケア
 

乾燥肌のケアに欠かせないセラミド

肌の乾燥に悩まされている人は、保湿化粧品を活用するのがお勧めです。

化粧品に配合されている保湿成分には色々なものがありますが、どんな成分が効果が期待できるでしょう。

肌の保湿に役立つ成分といえば、細胞間脂質であるセラミドです。

皮膚細胞の間を埋めることで、皮膚から水分が逃げていかないようにしてれます。

人間の皮膚に存在していたセラミドは、加齢と共にますます減少していき、それと共に肌は乾燥しやすくなります。

セラミド不足の解消のために、スキンケアでセラミドを補充するといいでしょう。

肌の保湿力を高めるためにセラミド入りの化粧品を使うという時には、疑似セラミドや植物セラミドではなく、ヒト型セラミドが適しています。

ヒト型セラミドは人間の皮膚に存在しているセラミドと似た性質があり、皮膚に負担をかける心配もそれほどありません。

セラミド3、セラミド2という表記がされていることがあります。

肌の保湿力を高めるためには、セラミドが含まれているスキンケア用品を使うようにしましょう。

皮膚に負担のかかるような保湿ケアをしていると、ますます皮膚の調子が悪くなります。

お肌に化粧品をつける時は、強くこすったり、肌を引っぱったりすると、肌の潤いが失われ、バリア機能が弱まります。

顔を洗う時や、基礎化粧品をつける時に皮膚をこすって傷めると、肌荒れや肌の乾燥を引き起こしますので、肌は優しく扱うようにすることが大事です。

 
乾燥肌の保湿ケア