ミルクタイプのクレンジング

 
ミルクタイプのクレンジング
 

 

 

ミルクタイプのクレンジング

オイルクレンジングの他、ミルク、リキッド、ジェルなど、メイク落としのクレンジングの種類は豊富です。

どのクレンジングがいいか、特性を踏まえて選ぶといいでしょう。

メイクの濃さや、肌の状態によって最適なクレンジング剤を選ぶことで、肌を傷めずに汚れをしっかり落とすことができます。

皮膚への刺激が少ないものを選ぶなら、ミルクタイプのクレンジングです。

界面活性剤の配合量が少なく、油分の多くないミルクタイプは、オイルタイプやリキッドタイプほど洗いあげる力は強くありません。

そのためミルクタイプのクレンジングは洗浄力はそれほど高くありませんが、肌にあまり負担をかけずにメイクを落とすことができます。

日頃施しているメイクがあまり濃くないなら、ミルククレンジング程度の洗浄力で十分に足りるでしょう。

お肌に負担が少ないクレンジング剤ですので、肌が刺激を受けると荒れやすいという人に向いています。

もしも、メイクをきっちりしているなら、洗浄力が足りないクレンジングを使うと洗い残しが出てしまいますので、洗いあげる力が強いものにしたいものです。

ベースになるメイクは意図的に薄くしており、アイメイクや、口紅は濃い目のものを使っているという方もいるのではないでしょうか。

口紅や、アイメイクはそれぞれリムーバーで除去した上で、ミルククレンジングでナチュラルメイクの部分を取り除くという方法もいいでしょう。

目元や口元に合わせてクレンジングを選ぶと肌への負担が大きくなってしまうので、クレンジングを選ぶ時にはベースメイクを基本に考えるのがおすすめです。

 
ミルクタイプのクレンジング
 

ミルクタイプのクレンジングはこんな方におすすめ

きれいになるためにはメイクは大切なものですが、メイクはその日の終了時間で隅々まで洗い落とせるようにする必要があります。

メイクオフするために必要になるのがクレンジングですが、最近はいろんなタイプのクレンジングが販売されています。

基本となるものは、オイル系クレンジングです。

入浴していて手が濡れている状態でもオイルクレンジングは使えるので、とても使いやすい商品といえます。

クレンジングとしては、シートタイプにしたり、拭き取れるクレンジングにする方もいます。

ネット通販を使って、ジェル型のクレンジングを購入しているという人もたくさんいます。

クレンジングの外観は多様なものがありますが、ミルククレンジングも人気です。

ミルクタイプのクレンジングは、その名のとおり肌さわりが優しく、ミルクのようにしっとりした感触です。

ミルククレンジングは、クレンジング剤に見えづらいですが、肌への刺激がマイルドなものを使いたい人に向いています。

乾燥肌の人でも安心して使えるクレンジングであることや、メイクを落とすために皮膚をこする必要がないことが、ミルククレンジングの利点です。

クレンジングをし終わった後に肌がつっぱる感じがしないことを喜ぶ人も多く、手が濡れた状態では使えないという商品もありますが、愛用者は大勢います。

ミルクタイプのクレンジングはメイクが落としきれないのではないかと考えている人もいますが、適切な使い方をしていれば、メイク汚れが残ることはありません。

 
ミルクタイプのクレンジング