クレンジングオイルの使い方

 
クレンジングオイルの使い方
 

 

 

クレンジングオイルの使い方

オイルタイプのクレンジングを使って洗顔した後は、肌がつっぱることが多いようです。

汚れをしっかりと落とせるという点が、オイルタイプのクレンジングの特徴です。

適切な使い方をすれば、オイルタイプのクレンジング剤は肌には負荷がかかりません。

洗顔を行う目的は、皮膚にこびりついた汚れやメイクをしっかり落とし、肌を清潔な状態にすることです。

界面活性剤を多く含有しているオイル型のクレンジングは、ジェル状や、クリーム状のクレンジング剤と比べて、油汚れを皮膚から洗い落とす力が十分にあることが重要な点です。

界面活性剤によって油汚れは落としやすくなりますが、脂質を含む汚れ以外にも、皮膚がもともと持っている油分まで分解してしまいます。

肌にはバリア機能があり外部刺激から守ってくれていますが、界面活性剤によって肌のバリア機能が破壊されることもあるので注意が必要です。

オイルタイプのクレンジングを使用した時、肌が乾燥したり、つっぱってしまうのは、バリア機能が破壊されているのです。

肌にダメージを与えないようにするには、濃いメイクを施した時にだけオイルクレンジングをするなど使い分けをすることです。

顔の皮膚は薄くデリケートなので、メイクを落とさなければならない時でも、強くこすって皮膚に負担がかかってしまうような事態は避けましょう。

クレンジングケアをする際は、お肌に負担がかからないようにすることです。

クレンジング剤の使用量を少なくしすぎると、汚れ落ちが悪くなってこすってしまいがちなので要注意です。

 
クレンジングオイルの使い方
 

クレンジングオイルの使い方の注意

濃い目のメイクでも、オイルタイプのクレンジングなら、きっちり洗い落とすことができます。

ですが、オイルクレンジングは皮膚が元々分泌している油分まで分解してしまうので、洗顔後につっぱり感が出ることがあります。

オイルタイプのクレンジングは界面活性剤が多く配合されているので、汚れが落ちやすい反面、肌の潤いも必要以上に落としてしまうという欠点があります。

界面活性剤は肌に負担をかけてしまうので、肌の弱い人には、界面活性剤を含まないクレンジングオイルがおすすめです。

肌の乾燥を促進させずに、汚れだけを取り除きたい場合は、界面活性剤の入っていないものを使うようにしましょう。

どのようにしてクレンジングをするかを把握していれば、洗浄力が高くないクレンジング剤でも、洗浄効果は得られます。

クレンジングを行う前に、蒸したタオルでお顔をよく温めることで、毛穴が開きやすくなっています。

蒸しタオルは、タオルを水で絞ってサランラップで包み、電子レンジで加熱すれば出来上がりです。

オリーブオイルを使用するのも効果が期待できる洗顔方法となっています。

手のひらにオリーブオイルを取って顔全体になじませると皮脂が浮かび上がって、汚れと一緒に洗い流すことができます。

洗顔に用いるオリーブオイルは、調理用ではなく、スキンケアを目的として売り出されているものにしましょう。

洗顔の手順は省力化したいと思う人もいますが、肌の健康と美容のベースをつくるためにも、クレンジングオイルでのお手入れは入念に行いましょう。

 
クレンジングオイルの使い方